上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日から数日修学旅行で更新できなくなっちゃうから今のうちに記事を貯めておきます。
とはいえ、普段からそんなに更新のペース早くないんだけど(笑
自覚してるんならもっと更新しろ?

いやだね、自由気ままが私の持論だ!

今、GANTZでニノがたびたび言ってた「私の持論は人にはそれぞれ役目があるということです。」
ってのが浮かんだやつPut your hands up!

「Yeah!Yeah!Yeah!Yeah!」
↑自分で自分にレスボンス♪

突然ですが、あなたは嵐の曲で何が好きですか?

私は翔ちゃんの「T.A.B.O…

ってのは冗談です。

本当は…なんだろう?
一応一番って聞かれると「Still...」か「素晴らしき世界」。

でも、はっきり言うと1曲1曲大好きなんですよね。

どれもやっぱり曲の個性ってのはあるわけで。

だから正直最近分かりません。どの曲が好きなのかが。

友達にもよく言うんですけど、私はそのときに聞いてる曲が一番好きなんです。

ノリがいいのもよし、バラードもよし、カッコいいのもよし…。

まぁ誰一人共感されたことないですが。

要するに優柔不断なんです(笑


ということで、優柔不断な私。
何か自分の好きな曲だけを語るという手段がとれないので(^^;)

ブログのネタが見つからない時に一曲一曲、地道に語っていこうかなと思います。

まさか、ネタが無いんだな?だって?

まぁ平たく言うとそういう理屈なわけだす(笑
でも、曲を語りたかったってのが思惑の半分以上は占めてますからね!


記念すべき第1回。「over」を語ります。

え?A・RA・SHIとかでいいじゃないかって?
いやいや、まだ早いな。
そういう、何かの記念のとか特に思い入れのある曲はおいおい語ります。

なぜoverかと言いますと。
今、私が一番ハマっている曲ナンバー1だから。
スーパーフレッシュとどっこいどっこいくらいだけど、なんとなく今日はover。



別に、明るいわけじゃないのにこの曲を聴くと確実に元気になれる気がする。

私がこの曲を初めて聴いたときの感想。

「嵐って…歌上手くなったな。」

こんなにもみんな繊細な声だったかな?ってふと考えてしまいました。


翔ちゃんのちょっとかすれたような、切ないような、でも強い力のようなものを感じる声。

その後に続くニノの声も優しくて相変わらずバラードが似合う声。

そして、松潤→相葉ちゃんと続いて、サビに向かって力強く、良く響くリーダーの声。

こんなにもこの5人の「声」に感動したことあったかなぁ?って思いました。

今までの嵐さんが下手だったわけじゃなくって…。

音楽がストリングスとピアノだけだったから余計にそう感じたんでしょうか?


この曲に関しては、メロディ、歌詞…何をとっても大好きです。

すごく、耳にスッと入ってくるメロディだから、

曲の覚えが悪い私でもかなり早く覚えることができたと思います。




この曲を聴くとすごく心が安らぐのでおやすみソングとしてよく寝る直前に聞きます。

嵐さんの優しい声を聞きながら眠れる至福のひと時をenjoyするのです。



「誰もが願う明日へ」

この歌詞がすべてだと思います。

元気のない暗い明日、なんてだれも望んだりしません。

明るい“誰もが願う明日”にするには辛いことを乗り越える力、元気や勇気も必要ですよね。

そういうものを最近、この曲から私は貰っています。

「Beautiful World」にこんな曲入っててほしいなぁと思う1曲の一つです。





管理者にだけ表示を許可する

一緒に学ぼう。

自分たちのために。
そして嵐さんのために…。

☆嵐☆コンサートマナー講座

管理人より

訪問ありがとうございます。コメントは本文の一番下にある、「本文」というところをクリックすると出来ます。 お返事も頑張りますので、ぜひコメントしていってくださいね♪

プロフィール

1103

Author:1103
仲良しな嵐をおかずにご飯10杯はいける者がやってるブログです!!嵐さんの情報、身近であった嵐ゴトを気ままに更新中♪自己紹介はコチラ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

はじめてみました。

ブログランキング

ポチっとよろしくお願いします↓

いくつになったの

カウンター

ただいま 人の方が閲覧中

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。